家電レンタルブログ

家具家電レンタルは、どんな人が利用するの?

これからお引っ越しを控える人のなかには、家具家電をレンタルするべきか、あるいは購入すべきかお悩み中の人もいるのではないでしょうか。

そんなお悩み中の人に向けて、今回の記事では「家具家電レンタルサービスを利用するのにおすすめの人」について紹介をします。

記事の最後には、反対に「家具家電レンタルサービスを利用するのに向いていない人」も紹介しますので、ご自身の状況と照らし合わせて考えて頂けたらと思います。

家具家電レンタルを利用すると良い人

それではまず、家具家電レンタルサービスを利用すると良い人についてお伝えします。
お引越しの際に、家具家電をレンタルするか購入するか、ご自身の置かれた状況と照らし合わせてよく検討して頂けたらと思います。

1.  家具家電を使う期間があらかじめ決まっている人

あらかじめ家具家電を使いたい期間が決まっている人は、購入せずにレンタルしたほうが費用面でもお引越しの手間も省けるので、お得なケースが多いです。

たとえば1年間だけ会社の研修で地方に住む、単身赴任等の転勤で1年後には家族のもとに帰る予定があるなど。
1~2年間だけ家具家電が必要な人は、新品を購入すると高くついてしまうでしょう。

それに自身で家具や家電を購入すると、退去する時に新居への配送費用がかかってしまいます。
家具家電レンタルでは、こういった諸々の費用がかからないことが魅力です。

2.  引っ越し準備をする暇がないほど忙しい人

仕事があまりにも忙しく、引っ越しの準備をする暇がない人もいるかもしれません。
引っ越し準備には、家具家電の購入、購入した家具家電を梱包、引っ越し業者に配送依頼など、すべきことが山積みにあります。

家具家電レンタルサービスを利用すると、それら諸々の準備をしなくて済むので引っ越し準備が格段に楽になるでしょう。使用したい家具家電を群馬家電レンタルサービスで契約し、あとは新居に家具家電が運ばれるのを待つだけです。

仕事や学業など、とにかく忙しくて引っ越し準備をする時間がないという人は群馬家電レンタルサービスを利用するのがおすすめです。

3.  初期費用を払う余裕がない人

家具家電レンタルは、レンタル費用を分割払いで対応してくれるケースがほとんど。
そのため、家具家電を購入する費用や新居までの配送費用など、初期費用を払う余裕がない人でも気軽に家具家電を一式揃えられます。

引っ越し後最初の1年間はレンタルした家具家電を利用し、お金が貯まった2年後から新品の家具家電を購入するという人も多く見受けられます。お試しで借りる際にも役立つでしょう。

家具家電レンタルを利用するのに向いていない人

上記では家具家電レンタルをするのに向いている人について紹介しましたが、逆にここでは家具や家電をレンタルしないほうが良いかもしれない人についてお伝えします。

1.  家具家電のメーカーやスペックにこだわりがある人

家具家電のメーカーやスペックに強いこだわりがある人は、レンタルではなくご自身でお気に入りの商品を選んだほうが良いかもしれません。

ここ数年で家具家電レンタル品の種類は豊富になってきましたが、それでもインターネットや家電量販店で販売されている商品と比べると種類は多くありません。

「絶対にこのメーカーの製品しか使いたくない」という希望がある人は、レンタル品のなかから希望の品を探すのは難しいかもしれません。

それでも、群馬家電レンタルサービスではデザイン性にこだわっており、ドラマの撮影に使われるようなレアな家電もレンタル品にございます。電子レンジのデザインも、シンプルながらお部屋のインテリアに合うよう白か黒のみとしております。

2.  長期で家具家電を使う予定がある人

家具家電レンタルに向いているのは「あらかじめ家具家電を使う期間が決まっている人」というよう最初にお伝えしました。そのため長期で家電を使う予定がある人は、長期的に見てレンタルよりも購入したほうが安上がりになる可能性があります。ただし、大学生活の4年間のみと期間が決まっている学生さんにとっては例外です。それは、親元を離れた大学生活の期間では、何でも自分でしなければなりません。購入した家電製品が故障した場合、対処ができなくて困るケースも出てくるかもしれません。また、就職先が遠方の場合や実家に戻る場合は、購入した家具家電が足かせになる場合も。次なる新生活先で新しい家具家電を揃える方が良い場合もありますので、学生さんが利用するメリットはあると言えます。

 

おわりに

自分自身の置かれた状況を考慮し、「果たして自分は家具や家電をレンタルしたほうが良いのか」よく考えるようにしましょう。
場合によっては、最初の1年間だけレンタルして、それ以降は自身で購入したほうが安くなるケースもあります。
レンタルするにしても購入するにしても、自分の納得いく方法を吟味して選ぶことが重要です。

関連記事一覧